西島三重子 @ 〝南青山マンダラ〟でアコースティックライブ開催!

 『池上線』でお馴染みの西島三重子さんが12月1日、東京・南青山〝マンダラ〟で、「ライブツアー2013」と題したコンサートを開催致しました!


 この日は、ギター&コーラスの平野融氏、ピアノ&キーボードの陶山進氏、そして、ギター&ボーカルの西島三重子、という3人編成のシンプルなライブです。西島三重子の〝生の声〟を、そのまま体で感じることができる貴重な空間。美しく澄んだ曇りのない高音と、心にそっと寄り添うような優しい歌声…。とっても濃密で、音楽の素晴らしさがギュッと詰まったライブです。



 会場のマンダラは、オシャレな雰囲気漂う大人の社交場、といった感じで、客様もお上品な方たちばかり! 当日はもちろん、満員御礼! 今でも「池上線」をずっと聞き続けてくださっている方達ばかり。皆さんの青春ソングだったそうですね~♪


 ライブは前半、後半の2部構成。
 前半は自身のオリジナル曲を中心に、『千登勢橋』『飛鳥坂』『こころのふるさと富士山』『ありがとう 富士山』、そしてもちろんこの曲『池上線』をしっとりと披露。落ち着いたクラシカルなムードの中で、西島さんの声が冴えわたっておりました!


 後半は、様々な曲調の楽曲を次々披露。『いらいらトワイライト』『1460日』『泣かないわ』『サイレントデイズ』『折り返し悲しみゆき』…。
 そして、昨年11月に発売したメロディーレコーズ一押し曲の『池上線 ふたたび』をラストに披露。
この歌は、大ヒット曲『池上線』の登場人物たちのその後を描いた作品。聞いた方それぞれがストーリーを頭に思い描きながら、じっくりと聴き入っていました。スンバらしく良い曲!


 アンコールでは、『やさしくなれる季節だから』と、『The christmas Song』を披露。
そうそう! もう12月に入ったから、クリスマスシーズンですね~♪
クリスマスムードたっぷりな聖なる空間の中で、今日のライブも無事終演を迎えました。

もうすぐクリスマス…。
皆様も良いクリスマスをお迎えください!

おあとがよろしいようで…笑



0 件のコメント:

コメントを投稿