水木大介 @ 新曲「牧水挽歌」発売!

10月14日に、新曲「牧水挽歌」を発売した水木大介。
酒、旅、そして自然を愛した宮崎県生まれの歌人、若山牧水に捧げる「牧水挽歌」同じ郷里出身の水木大介が心を込めて歌い上げています。
カップリング曲は、秋田県横手川の自然豊かな風景を舞台の淡い恋を歌にしました。中学生歌手、山口ひばりとのほんのり、あたたかなデュエット曲。
両曲、山口敦子作詞による、抒情詩の世界です。


そんな、水木大介さんから新曲アピールコメントが届きました!

〜若山牧水が宮崎県出身と言う事は小さなころから教わり知ってはおりましたが、正直な所、牧水の生い立ちや、生き様までは知る事無く参りました。今回、牧水の作品を歌わせて頂く事になり、色々と牧水の事を調べさせていただきました。
牧水の名前の由来は、牧水の母(マキ)牧の名を一字とり、生まれ育った土地を潤してくれた坪谷川の水に感謝し牧水と名付けたそうで、母を慕う強い想いを感じたり、牧水の歌碑は全国に600以上あるそうで、そんなに沢山の歌碑がある歌人は他にいないそうです。それだけ全国を歩いて、沢山の歌を世に残し沢山の人々に愛された偉大な歌人なのだと実感致しました。我々の仕事も全国に行き、沢山の人とふれあい歌を聴いて頂き…、と違う意味での歌人である事に何か共感する所がございました。〜

そして、故郷・宮崎でレギュラーラジオ番組も始まりました!

〜MRT宮崎放送のラジオ番組「水木大介の元気じゃろかい?宮崎!」毎週火曜21:30~も始まり新曲発売と共に忙しくさせて頂いておりますが
   年明けからもラジオ番組のパーソナリティーと、歌手活動としては 「牧水挽歌」が発売になったばかりですが~年明け早々に更なる新曲が発売になる予定です。
   忙しい日々の展開が待ち受けているかと思いますが 、皆さんに喜んで頂けます様、全力で取り組んで参りたいと思います〜

年末から来年にかけて、ますます活動が活発化していきそうです!


水木大介さんからお土産を頂きました!
「牧水挽歌」の歌詞の中にも出てくる「幾山河」。
「若山牧水」をモチーフにした和菓子で、宮崎県にある“虎屋”さんのお菓子だそうです!

■関連リンク
水木大介ブログ → http://daienka.exblog.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿